『転生したらスライムだった件』第三期アニメ化情報

2 months ago
85 Views

Fuse原作、Mitz Vah挿絵の小説シリーズ『転生したらスライムだった件』のアニメ化公式ウェブサイトが、アニメ第三期の初のフルプロモーションビデオを公開し、新たな声優キャストを発表しました。

  • 新たな声優キャストは以下の通りです:
    • 皆瀬いのりさん as Mariabell Rosso
    • 野島健児さん as Renard Jester
    • 竹本英史さん as Arnaud Bauman
    • 飯島肇さん as Bacchus
    • 相川晴香さん as Litus
    • 駒田航さん as Warde
    • 村田太志さん as Fritz
    • 千葉翔也さん as Saare
    • 日野まりさん as Glenda Attley
    • 山根正之さん as Grigori
  • アニメは2024年4月5日に夜11時に日本時間で放送が開始されます。NTVチャンネルおよび29の関連チャンネルにて「Friday Anime Night」枠で放送され、さらにBS11でも4月6日より放送が開始されます。
  • アニメーションは連続2クールで半年間にわたる放送が予定されており、8-Bitの中山敦史監督が再びシリーズを指揮し、根本敏三氏がシリーズ構成を担当します。キャラクターデザインは江畑諒真氏、音楽は藤間仁氏が担当します。
  • エンディングテーマ曲「Believer」は栗栖リンさんが担当します。また、オープニングテーマ曲はSTEREO DIVE FOUNDATIONが担当し、ファンにとって魅力的な音楽体験を約束しています。
Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *