『週刊少年ジャンプ』19号で、次号以降に3本の新作マンガが掲載されることが明らかになった。

1 month ago
75 Views
『週刊少年ジャンプ』19号で、次号以降に3本の新作マンガが掲載されることが明らかになった。これらは:
・4月15日発売の同誌20号で、漫画家・和久井健氏(『新宿スワン』『東京卍リベンジャーズ』)が超常現象をテーマにした新作刑事漫画『願いのアトム』の連載を開始する。和久井が講談社以外の雑誌に漫画を掲載するのは初めて。
・4月22日発売の同誌21号にて、漫画家・那波風彩氏(ALIENS AREA)によるネクロマンサーを主人公とした新作ファンタジー漫画『極東ネクロマンス』が連載開始となります。どうやらジャンプGIGA2023年夏に掲載された読み切り「蒼井むくてる」が元になっているようです。
・5月13日発売の同誌24号にて、漫画家・小林オムスケ先生による漫画『サイクル日和』の連載がスタートします。この漫画家はこれまでに雑誌にさまざまな読み切りを掲載しており、その中には最新版のゴールデン・フューチャー・カップに参加したものも含まれます。
Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *