日本テレビがジブリ株式を購入!杉山善国氏と鈴木敏夫氏の共同記者会見で発表。

8 months ago
158 Views

日本テレビは、スタジオジブリの株式の42.3%を購入することを発表しました。この取引が完了すると、日本テレビはジブリの株主で最大株主となり、ジブリはテレビ局の子会社となります。

この買収は、日本テレビの取締役代表兼オペレーション部長の杉山善国氏とジブリの共同創設者で会長である鈴木敏夫氏が出席した記者会見で発表されました。鈴木は、ジブリの共同創設者である伊東篤宏と伝説のアニメーター宮崎駿の「後継者」を探していたことが、この買収のプランを動かしたことを認めました。鈴木は、宮崎駿が82歳になり、彼自身も75歳になったと述べています。また、宮崎駿の息子である宮崎吾朗が何回もジブリを指揮する代表的な立場を辞退し、自分の息子がジブリを指揮することに反対したことも挙げられました。このため、昨年からNTVとの取引についての会話が始まりました。

最後に鈴木は、この会社間の関係を通じて、スタジオジブリがテレビ番組の形式でのアニメーションを製作するということも示唆されたことを述べました。

Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *