漫画家・早坂啓吾氏の漫画『サバエとヤッたら終わった』が実写化され

1 month ago
119 Views
漫画家・早坂啓吾氏の漫画『サバエとヤッたら終わった』が実写化され、今年8月に公開されることが発表された。
主人公の宇治役を俳優の濱田龍臣が、主人公の鯖江役を女優でモデルの沢口愛華が演じる。
あらすじ:大学生の宇治と鯖江はサークル内では大の仲良し。また、宇治はサークルの人気者で鯖江の親友でもある桜井のことが好きだが、あまり話しかけることができなかった。そのため、宇治さんはカラオケ店や居酒屋、大学の食堂など、さまざまな場所で鯖江さんに恋愛相談をするようになった。しかし、鯖江の官能的な性格と、粗野で直接的な話し方により、彼の視界は変わり、彼女を単なる友人ではなく「女性」として見るようになります。友情と性欲の間で揺れ動く二人のキャンパスライフを描いた物語。
Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *