福岡地方裁判所は、36歳の漫画家池田恵理香に対する初公判を行いました。

2 weeks ago
64 Views

福岡地方裁判所は、36歳の漫画家池田恵理香(通称ネコクラゲ)に対する初公判を行いました。彼女は収入を報告せずに約4,700万円(約29.9万ドル)の税金を支払わなかったとして告発されています。彼女は複数年分の申告を一括して行う予定だったとして有罪を認め、そのために未納の税金と遅延損害金を支払いました。

池田は、Big Gangan誌で連載されているライトノベル『薬屋のひとりごと』のマンガ化でよく知られています。検察側は、池田が2010年に漫画家として働き始めた当初に、知人が彼女に税金の申告義務について事前に通知したと述べています。

検察側は、池田が自分の税金の申告義務を理解していたが、漫画の締め切りを優先し、収入申告を後回しにしていたことを指摘しました。さらに、彼女は以前にも複数年分の申告書を締め切りを過ぎてから一括して提出していたと述べています。

検察側はまた、彼女の担当編集者が「税金の申告を怠るとトラブルが生じ、作品が中止になる可能性がある」と警告したことを述べました。原作の作者である日向奈津もこれについて警告し、会計士に相談することを勧めたといいます。

起訴状によると、池田は2019年から2021年の間に約2億6000万円の印税を得ていましたが、期限内に申告を行わなかったため、約4,700万円の所得税を脱税した疑いが持たれています。

Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *