週刊文春による報道

4 weeks ago
94 Views

週刊文春による報道

週刊文春によると、70歳の声優である古谷徹が、30代の女性ファンと4年半に及ぶ不倫関係を持っていたことが報じられています。この関係の間、古谷は彼女に対して身体的な暴力を振るい、彼女を妊娠させ、中絶を強要したとされています。

古谷は自身のSNSで、報道された全ての指摘を受け入れ、後悔しており、受けるべき罰を受け入れる用意があるという声明を出しています。また、文春は古谷と80分に及ぶインタビューを行い、明日、デジタル版の購読者向けに公開すると報じています。

古谷は巨人の星の星日兵馬、機動戦士ガンダムのアムロ・レイ、ドラゴンボールのヤムチャ、聖闘士星矢の星矢(初代声優)、美少女戦士セーラームーンの衛宮衛、ワンピースのサボ、名探偵コナンの安室透などの声を担当しています。

Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *