集英社のジャンプ社グループが来年リリースする「Jump TOON」という専用アプリで、垂直形式の小説を公開することを発表しました。

1 year ago
226 Views

集英社のジャンプ社のグループは、来年、垂直形式の小説を公開する専用アプリ「Jump TOON」をリリースすることを発表しました。このアプリは、伝統的な形式でのヒット作を作り上げて得られた経験をもとに、この垂直形式でのヒット作を生み出すことを狙っています。
さらに、新しい才能や作品を発掘するための「Jump TOON Award」コンテストも開催します。この一等賞を獲得した人は、Jump TOON での連載が保証され、およそ100万円(約7173 ドル)を受け取ります。
審査員は Jump TOON の編集長として理事長となった田中アサダ Takanori Asada が首席を務め、ワンピースやブリーチの初期時代の担当編集者としての経験から、漫画家が特定のジャンルに囚われることなく、読者を驚かせ、楽しませる作品を手作りしていくことができるように積極的に協力していこうという意気込みを述べました。他の審査員には、「ナ・ホンジャマン レベル・アップ」(西洋では「Solo Leveling」)、「4000 年前に復活した大魔導士」(西洋では「The Archmage Returns After 4000 Years」)、「ドクル・ワン」(西洋では「Tomb Raider King」)、「ジョンジェオク・ドクジャ ズィジョム」(西洋では「Omniscient Reader」)などのヒット作を生み出した漫画スタジオ・レッドセブンの代表取締役リー・ヒョンソク Lee Hyun-seok も含まれています。

Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *